模倣品対策

FIFAワールドカップロシア大会は、日本の活躍等で盛り上がっています。ポルトガルのエース、C・ロナウドはゴールを量産中です。
さて、朝日デジタルの記事で“偽シックスパッド、見抜けるか”の記事を見つけました。
https://www.asahi.com/articles/ASL6P45S2L6POIPE00H.html?iref=pc_ss_date

C・ロナルドがテレビで、鍛えられた肉体に「シックスパッド」を貼っているCMをよく見ます。「シックスパッド」を腹や腕に貼って電気刺激で筋肉を鍛え上げることができるとのことです。
さて、100万台超を売り上げる大人気の「シックスパッド」は、10分の1の価格で売られている模倣品出ているそうです。
日本の税関での「シックスパッド」品の輸入差し止め点数は、2017年、前年の2・7倍の1万3千点に上ったそうです。
税関をすり抜けたり日本で製造されていたりした「偽のシックスパッド」は、スタッフが、オークションやフリマサイトを監視して削除されなければなりません。費用対効果ということでなく、費用が掛かっても「偽のシックスパッド」を完全に駆逐するようにしないと、「シックスパッド」のブランドが棄損していきます。
今回の記事で初めて知ったことがあります。偽物を見抜くサービスが登場しているのですね。一般消費者が偽物を誤って買わないようにすること、安いからと言って偽物とわかって買う一般消費者が居なくなることが、模倣品を駆逐する一番の方法ですね。

カテゴリー: 未分類 | 模倣品対策 はコメントを受け付けていません。

TRINUS

たまたま、森永製菓のベイクド技術のチョコレート菓子を見ていたら、TRINUSというサイトを見つけました。
https://trinus.jp/

Driving Chemical Reactions(技術とデザインの化学反応による驚きを)というコンセプトで、デザインを投稿したりできるサイトです。
昨年まで東洋大学のライフデザイン学科で知的財産を教えていました。学生の卒業作品集を見る機会がありましたが、商品化したら売れるのではと感じたものがありました。
デザインが良ければ売れる可能性が高まりますが、そのデザインに機能・性能が加われば、もっと売れる可能性が高まります。
デザイン設計をしていた学生を見てきたからか、このサイトを広めたいと感じました。ホームぺージにはありませんでしたが、製品保護のために意匠登録出願などの法的なサポートもしているのでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | TRINUS はコメントを受け付けていません。

店舗デザインはどんな権利で守られるのか

2017年の年末、コメダ珈琲店がマサキ珈琲店を不正競争防止法で訴えた仮処分で、東京地裁は、外観が似ていることを理由に仮処分決定をしました(平成27年(ヨ)第22042号)。

裁判所は、店舗の外観が他の同種の店舗と異なりまたその外観を含む店舗の周知性から、店舗の外観全体が特定の営業主体を識別する営業表示性を獲得していれば、不正競争防止法2条1項1号及び2号にいう「商品等表示」に該当するというべきと判示しました。これが店舗の外観が不正競争防止法における「商品等表示」に該当することを認めた上で、仮処分を認容した初めてのケースであったため、大きく報道されました。

それでも関係者は、不正競争防止法の保護では十分でないと考えたのかもしれません。5月20日の日本経済新聞によりますと、店舗デザインにも意匠権を与える法改正が予定されているとのことです。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30735930Z10C18A5MM8000/

建築物で保護される動産として、組立式のバンガローやプレハブ住宅に意匠権が与えられていますが、基本的に不動産を保護対象としていません。
今後の法改正で、意匠法が不動産も保護対象とする改正を行うのかもしれませんが、店舗外観だけでなく店舗内装も意匠権の保護対象になるのでしょうか?
2015年に“鳥貴族”と“鳥二郎”の不正競争防止法での争いもありましたが、店舗内装でも似ているか否か争っていました。内装も意匠登録できるとなると、ビルの一角に入店するチェーン店も意匠登録できることになります。

カテゴリー: 未分類 | 店舗デザインはどんな権利で守られるのか はコメントを受け付けていません。

Apple Watchが丸形状になるかも

Apple Watchは第1世代から第3世代まで、ほぼ正方形の形状でした。この形状が丸形状になるかもというCNETのニュースを見つけました。
5月8日に公報された米国特許9,965,995に基づいています。
https://www.cnet.com/news/round-apple-watch-patent-granted/

請求項(クレイム)1では、何らApple Watchが丸形状であることなど、記載されていません。以下の図のようにどのように配線をするかが特徴の発明になっています。記事の内容は大げさすぎます。

さて、すでに他社から、丸形状のディスプレイのスマートウォッチが販売されています。このスマートウォッチの分野に疎いので私にはどこが発明かよくわかりません。
でも、第1世代のApple watchを使用した後、現在Garminのスマートウォッチを使っていますが、普通の時間だけを確認するための腕時計を身に着けなくなりました。

カテゴリー: 未分類 | Apple Watchが丸形状になるかも はコメントを受け付けていません。

ドラえもんの中国商標登録が無効に

GWのこどもの日に、偽ドラえもんの中国商標を無効とすると、知的財産権法院が判断したニュースが放映されていました。
スポーツ用品や子ども服などを扱う機器猫(福建)体育用品有限公司が、2012年に漫画「ドラえもん」の主人公にうり二つの図柄を商標として登録申請し、2015年に商標登録が認められたようです。そして2016年ドラえもんのキャラクター使用権を保有する艾影(上海)商貿有限公司が、商標の無効審判を請求したようです。

共同通信のURLをリンクしてます。
https://this.kiji.is/365140013454885985

商標局の商標審議委員会は商標登録の無効を宣告しましたが、機器猫公司は「商標はドラえもんではない」と主張し、知的財産権裁判所に訴えていましたが、今回、知的財産権法院も商標登録の無効を認めたようです。
さて、記事では「著作権を侵害している」として商標登録を無効と判断していますが、中国商標法の第32条で、以下のような規定があります。
「商標登録出願は、先に存在する他人の権利を侵害してはならない。他人が先に使用している一定の影響力のある商標を不正な手段で抜け駆け登録してはならない。」
32条に規定する「他人の権利」には著作権が含まれており、第三者の先取りに対しては著作権を主張して無効宣告請求を行うことが可能です。
TVの放映では、知的財産権法院の裁判官がドラえもんのマンガ本を読んでいる姿が映し出されていますが、機器猫公司の出願前に著作権が発生していたことを確認するためだと思われます。

カテゴリー: 未分類 | ドラえもんの中国商標登録が無効に はコメントを受け付けていません。