カップヌードルの位置の商標

最近はカップラーメンを食べることがほとんどなくなりました。しかし、地震などの災害時のために、数個のカップラーメンを常備しています。
さて、読売オンラインの記事で“カップヌードルの帯、位置商標登録”の記事を見つけました。
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180703-OYT1T50029.html

位置の商標とは、平成27年4月から商標登録出願を受け付けることになった、新しいタイプの商標です。図形等の標章とその付される位置によって構成される商標です。この説明だけではわかりにくいかもしれませんが、以下に登録商標を載せます。

どこの商品かわかるでしょうか? 左側はキユーピー株式会社のマヨネーズ。右側は株式会社エドウインのジーパンです。
ある模様等をいつも同じ位置に付けていると、他の商品と区別がつくようになり出所がわかるようになります。このような商標が位置の商標です。
さて、カップヌードルの帯はの長く使って 新たなC・ロナルドがテレビで、鍛えられた肉体に「シックスパッド」を貼っているCMをよく見ます。「シックスパッド」を腹や腕に貼って電気刺激で筋肉を鍛え上げることができるとのことです。
さて、カップヌードルは約2年前、世界で400億個を売ったと発表していました。記事によりますと、50年間この帯の模様を使ってきたそうです。洋皿の模様をモチーフしたものだそうですが、今ではカップラーメンの模様として世界中で認知されるのですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク