欧州と日本のコンピュータ関連発明 その2

前回(その1)は、コンピュータ関連発明(”computer-implemented inventions” (CII))に関して、欧州の審査ガイドライン3.9.1を説明しました。
今回は、3.7.1“ユーザインターフェース”について説明します。2017年11月版の改訂審査ガイドラインで改正された内容です。
日本では、ユーザがユーザインターフェースを使いやすくなるなら、構成が異なり進歩性があると判断されるケースもあると思いますが、欧州の審査基準では特許にならない場合もあるようです。

https://www.epo.org/law-practice/legal-texts/html/guidelines/e/g_ii_3_7_1.htm

この審査基準で特に具体的に記載されていた例を以下に挙げます(技術的貢献があると進歩性がある意味です)。
・審美的な考慮、主観的なユーザの好みまたは管理の規則によって決定されるメニューのグラフィックデザイン(例えば、見た感じ)に関する特徴は、メニューベースのユーザインターフェースの技術的特徴に寄与しない。
・印刷処理を開始し、文書アイコンをドラッグしてプリンタアイコン上に往復動させることによって印刷される印刷部数を設定するなど、異なる処理条件をユーザが直接設定できる代替のグラフィカルショートカットをGUIに設けることは、 技術的貢献である。
・一方、この作業中にユーザの精神的意思決定プロセスのみを容易にする情報を提供することによってユーザ入力をサポートすること(例えば、ユーザが何を入力したいかを決定することを支援する)は、技術的貢献とはならない。
・ジェスチャーやキーストロークなど、主観的なユーザの好み、慣行又はゲームルールを反映し、物理的な人間工学的利点が客観的に確立できない入力を提供する方法は、技術的な貢献とはならない。 ただし、ジェスチャーの認識を高速または正確に行うことや、認識を実行する際にデバイスの処理負荷を軽減するなど、入力の検出に対するパフォーマンス指向の改善は、技術的貢献になる。