欧州と日本のコンピュータ関連発明 その1

コンピュータ関連発明(”computer-implemented inventions” (CII))について特許出願業務をしていると、欧州の特許性に関して違いを感じることが多々あります。
日本のコンピュータ関連発明出願を基準に考えてしまいがちですが、日本で特許にできても欧州で特許にできないことも多いので、まとめていきたいと思います。

コンピュータ関連発明では、新セクション(F-IV, 3.9)が追加されています。その3.9.1 Cases where all method steps can be fully implemented by generic data processing meansを簡単にまとめます。
https://www.epo.org/law-practice/legal-texts/html/guidelines/e/f_iv_3_9_1.htm

3.9.1のタイトルを直訳しますと、「一般的なデータ処理手段によって、全ての方法ステップが完全に実施できる場合」という意味です。これは、いわゆるパソコン・スマートフォン等の一般的なデータ処理手段ですべての方法ステップが完結する発明です。意訳しますと「コンピュータのみで、全ての方法ステップが完全に実施できる場合」となります。3.9.2は機会があれば説明しますが、センサーやアクチュエータを伴う方法ステップを説明しています。

さて、この3.9.1セクションは、コンピュータ関連発明において、典型的に受入れ可能なクレイム構成を成文化するものです。以下のようなクレイムの記載が欧州では認められていることになります。日本特許出願の請求項(クレイム)の記載の実務と差異はありません。

<クレイム1:方法> 
 コンピュータにより実行される方法であって、ステップA、B、...を含む。
<クレイム2:装置/デバイス/システム>
 クレイム1の方法を実行する手段を備えるデータ処理装置/デバイス/システム。
 ステップAを実行するための手段、ステップBを実行するための手段、...を含むデータ処理装置
<クレイム3:プログラム>
 コンピュータによる実行時、クレイム1の方法をコンピュータに実行させる指示を備えるコンピュータプログラム。
 プログラムがコンピュータによって実行されると、コンピュータにステップA、B、...を実行させる命令を含むコンピュータプログラム
<クレイム4:コンピュータ読出可能媒体>
 コンピュータによる実行時、クレイム1の方法をコンピュータに実行させる指示を備えるコンピュータ読み取り可能な記録媒体。
 コンピュータによって実行されると、コンピュータにステップA、B、...を実行させる命令を含むコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。