富田vs任天堂

ニューヨーク連邦地裁で、ニンテンドー3DSの特許権侵害に対して、3020万ドル(約29億円)の損害賠償の評決があったそうです。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK830885420130313

http://www.reuters.com/article/2013/03/13/us-nintendo-patent-infringement-idUSBRE92C1DA20130313

特許は、いわゆる偏光メガネをかけなくても、三次元の画像が見える発明です。その米国特許は、US7,417,664です。
特許の詳細は以下のURLで確認できます。

http://www.google.com/patents?id=ngetAAAAEBAJ&printsec=abstract#v=onepage&q&f=false 

調べてみますと、米国で特許になっているだけで、日本も含めて他の国では特許になっていないようです。

私も娘にせがまれてニンテンドー3DSを買いました。娘が”とびだせ どうぶつの森”で遊んでいるとき、覗きこんで画像を見ましたが、その立体的な画像には、私も驚きました。

“富田vs任天堂” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です